FC2ブログ

12月2日:ナポレオン、フランス皇帝に即位

1804年12月2日 - ナポレオン・ボナパルトの戴冠式がパリのノートルダム大聖堂で行われ、フランス皇帝に即位。
ナポレオンの戴冠
英雄が独裁的統治者となったこの出来事は多方面にさまざまな衝撃を与えた。
この戴冠式には、教皇ピウス7世も招かれていた。
それまでオスマン帝国やロシアをのぞく欧州の皇帝は教皇から王冠を戴くのが儀礼として一般的な形であったが、
ナポレオンは教皇の目の前で、自ら王冠をかぶった。
政治の支配のもとに教会をおくという意志のあらわれであった。

ナポレオンは、閣僚や大臣に多くの政治家・官僚・学者などを登用し、
自身が軍人であるほかには、国防大臣のみに軍人を用いた。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント