12月2日:アウステルリッツの戦い

1805年12月2日 - ナポレオン戦争: アウステルリッツの戦い
アウステルリッツの戦い
オーストリア領(現チェコ領)モラヴィアのブルノ近郊の町アウステルリッツ(現在のスラフコフ・ウ・ブルナ)郊外で、
ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍(大陸軍)が、ロシアオーストリア連合軍を破った戦いで、
フランス皇帝ナポレオン1世、オーストリア皇帝フランツ1世(神聖ローマ皇帝フランツ2世)、
ロシア皇帝アレクサンドル1世の3人の皇帝が参加したことから三帝会戦(bataille des Trois Empereurs)とも呼ばれる。

数の上で劣勢であったにもかかわらず、ナポレオン率いるフランス軍は勝利し、第三次対仏大同盟は崩壊した。
フランツ2世は神聖ローマ皇帝位から退位。
神聖ローマ帝国は解体され、ドイツにはライン同盟が成立した。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント