12月4日:北里柴三郎、血清療法を発表!

1890年12月4日 - 北里柴三郎らがジフテリアと破傷風の血清療法を発表。
北里柴三郎
菌体を少量ずつ動物に注射しながら血清中に抗体を生み出す血清療法を開発した。

同僚であったベーリングと連名で「動物におけるジフテリア免疫と破傷風免疫の成立について」という論文を発表した。

第1回ノーベル生理学・医学賞の候補に柴三郎の名前が挙がったが、
結果は抗毒素という研究内容を主導していた柴三郎でなく、共同研究者のベーリングのみが受賞した。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント