5月28日:大黒屋 光太夫 逝く

1828年5月28日文政11年4月15日) - 大黒屋 光太夫(だいこくや こうだゆう、1751年宝暦元年) - 1828年5月28日文政11年4月15日))没。享年77歳。
江戸時代後期の伊勢国白子(現三重県鈴鹿市)の港を拠点とした回船(運輸船)の船頭。
天明2年(1782年)、嵐のため江戸へ向かう回船が漂流し、
アリューシャン列島(当時はロシア領アラスカの一部)のアムチトカ島に漂着。

ロシア帝国の帝都サンクトペテルブルクで女帝エカチェリーナ2世に謁見して帰国を願い出、
漂流から約9年半後の寛政4年(1792年)に根室港入りして帰国した。
大黒屋光太夫のルート

幕府の老中・松平定信は光太夫を利用してロシアとの交渉を目論んだが失脚する。
その後は江戸で屋敷を与えられ、数少ない異国見聞者として桂川甫周や大槻玄沢ら蘭学者と交流し、蘭学発展に寄与した。

ちなみに、光太夫を含め神昌丸で出航した17名のうち、1名はアムチトカ島漂着前に船内で死亡、
11名はアムチトカ島やロシア国内で死亡、新蔵と庄蔵の2名が正教に改宗したためイルクーツクに残留、
帰国できたのは光太夫、磯吉、小市の3名だけであった。



おろしや国酔夢譚 (文春文庫 い 2-1)/文藝春秋

¥627
Amazon.co.jp

おろしや国粋無譚 [DVD]/KADOKAWA / 角川書店

¥3,024
Amazon.co.jp












◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント