12月10日:マレー沖海戦。チャーチルお気に入りの戦艦プリンス・オブ・ウェールズ撃沈

1941年12月10日 - 第二次世界大戦: マレー沖海戦
マレー半島東方沖で、日本海軍の航空部隊(一式陸攻、九六式陸攻)とイギリス海軍の東洋艦隊の間で行われた戦闘。
マレー沖海戦

イギリス海軍が東南アジアの制海権確保の為に派遣した戦艦プリンス・オブ・ウェールズと巡洋戦艦レパルスを日本軍が撃沈。
この方面での初期作戦上で大成功をおさめた。
マレー沖海戦図

また、当時の「作戦行動中の新式戦艦を航空機で沈めることはできないとの常識を覆した。

当時の世界の海軍戦略である大艦巨砲主義の終焉を告げる出来事として海軍史上に刻まれている。
また、当時のイギリス首相ウィンストン・チャーチルは著書の中でマレー沖海戦でこの2隻を失ったことが第二次世界大戦でもっとも衝撃を受けたことだと記している。

戦闘の数日後、第二次攻撃隊長だった壱岐春記海軍大尉は両艦の沈没した海域に再度飛来し、
機上から沈没現場の海面に花束を投下して日英両軍の戦死者に対し敬意を表した。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント