12月11日:日本史上最大の一揆、島原の乱勃発!

1637年12月11日寛永14年10月25日) - 島原の乱が勃発。
江戸時代初期に起こった日本の歴史上最も大規模な一揆であり、幕末以前では最後の本格的な内戦である。
天草四郎時貞

キリシタンの間でカリスマ的な人気を得ていた当時16歳の少年天草四郎(本名:益田四郎時貞、
天草は旧来天草の領主だった豪族の名)を一揆軍の総大将とし決起し、
有馬村のキリシタンが中心となって代官所に強談に赴き代官・林兵左衛門を殺害、ここに島原の乱が勃発する。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント