12月14日:「量子論誕生の日」、マックス・プランク「プランクの法則」発表

1900年12月14日 - マックス・プランクが黒体放射についてのプランクの法則を発表。
このため、12月14日は「量子論の誕生日」と呼ばれる。
プランクの法則

プランクの法則(プランクのほうそく)とは物理学における黒体から輻射(放射)される電磁波の分光放射輝度、
もしくはエネルギー密度の波長分布に関する公式。プランクの公式とも呼ばれる。
黒体放射スペクトル

ある温度 T における黒体からの電磁輻射の分光放射輝度を全波長領域において正しく説明することができる。
プランクはこの法則の導出を考える中で、輻射場の振動子のエネルギーが、
あるエネルギー素量(現在ではエネルギー量子と呼ばれている)ε = hν の整数倍になっていると仮定した。
このエネルギーの量子仮説(量子化)はその後の量子力学の幕開けに大きな影響を与えている。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント