12月16日:カザフスタン独立

1991年12月16日 - カザフ・ソビエト社会主義共和国、ソビエト連邦崩壊後カザフスタン共和国として独立。
カザフスタンボール

1991年12月21日に独立国家共同体(CIS)に加盟した。
カザフスタン

1998年、カザフスタン政府によって実施された新首都アスタナの設計についての国際指名コンペにおいて、
日本の建築家・黒川紀章案が1位に選ばれ、その都市計画案に基づき開発が続けられている。

また鉱物資源の輸出による経済成長も著しく、一人当たりGDPが10,000ドル以上になり(2008年頃)、
マレーシアに並ぶ中進国となっている。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント