12月17日:ライト兄弟、有人動力飛行に成功!

1903年12月17日 - ライト兄弟、ノースカロライナ州キティホーク近郊にあるキルデビルヒルズにて12馬力のエンジンを搭載したライトフライヤー号によって有人動力飛行に成功。
ライトフライヤー

ライトフライヤー号は「最初の動力付きで、パイロットが搭乗して継続的に飛行し、機体を操縦することに成功した、
空気より重い空飛ぶ機械」とされる。

主翼は複葉で、ライト兄弟自製のガソリンエンジン1基(既に機械式燃料噴射装置を備えていた)を動力に、
直径2.6mのプロペラ2つを推進式に配置し、ローラーチェーンによって駆動した。
プロペラのトルクを打ち消すために、2つのプロペラは相互逆回転で駆動された。
離陸にはレールを敷く必要があり、着陸にはそりを用いる。

この日、計4回の飛行を行い4回目の飛行では59秒間で260mの飛行をした。














関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント