12月19日:大坂冬の陣、豊臣方と徳川方の本格的戦闘はじまる

1614年12月19日慶長19年11月19日)- 大坂冬の陣: 木津川口の戦い。
豊臣方と徳川方が戦闘状態に突入。

大坂冬の陣

関ヶ原の戦いの後、政権を握った徳川家康が、
徳川家の支配体制を盤石なものにするために、
不可避であった豊臣氏との戦いの第1段階。

この戦いの後、豊臣方と徳川方は和議を結ぶが、
大坂城の外堀のみならず内堀も埋められてしまい、
防御力を著しく削がれた状態で大坂夏の陣を豊臣方は戦わざるを得なくなる。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント