12月19日:オートジャイロ発明者フアン・デ・ラ・シエルバ 逝く

1936年12月19日 - フアン・デ・ラ・シエルバ(Juan de la Cierva y Codorníu 、1895年9月21日 - 1936年12月19日)没。享年41歳。
スペイン生まれの航空技術者
フアン・デ・ラ・シエルバ

オートジャイロの発明者であり、スペイン人で初めて人が乗ることのできる自作の飛行機を飛ばした。

1936年に勃発したスペイン内戦では、反乱軍の側に協力した。しかし、41歳にして旅客機事故で死んでしまった。
彼の死後も、彼の開拓した技術はヘリコプターの開発などに生かされた。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント