12月20日:明治維新の人材を多数輩出した「松下村塾」開講

1857年12月20日安政4年11月5日) - 吉田松陰が松下村塾を開講する。
松下村塾

武士や町民など身分の隔てなく塾生を受け入れた。
短期間しか存続しなかったが、尊王攘夷を掲げて京都で活動した者や、明治維新で新政府に関わる人間を多く輩出した。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント