12月23日:航空機メーカー「フォッカー」生みの親、アントニー・フォッカー逝く

1939年12月23日 - アントニー・フォッカー(Anton Herman Gerard 'Anthony' Fokker, 1890年4月6日 - 1939年12月23日)没。享年49歳。
アントニー・フォッカー

航空機製造会社フォッカー社の設立者。
オランダ領東インド(現在のインドネシア)のブリタール (Blitar) 生まれ。

1912年にベルリン近くのヨハニシュタールに移り、Fokker Aeroplanbauを設立して、
翌年シュヴェリンに移り会社をFokker Flugzeugwerke GmbH(後にFokker Werke GmbH)と改めた。
第一次世界大戦が始まると、工場はドイツ政府が管理するものとなったが、
フォッカーは支配人として留まり、ドイツ空軍のために多くの航空機を製作した。
その中でも最も有名な機体は、
マンフレート・フォン・リヒトホーフェン(通称レッドバロン)の乗機としても有名なフォッカー Dr.I戦闘機。
Fokker Dr.I

ドイツの敗戦後、航空全面禁止となって航空機製造が困難になると、1919年にオランダ新しいフォッカー社を設立した。

旅客機の分野で、フォッカー 3M、フォッカー F.Ⅶなどの製造を行なった。

第2次世界大戦後は小型旅客機の生産に従事したが、フォッカー社は1996年に倒産した。











a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HSS8U+61BD7M+39EO+5Z6WX&asid=a15062267438" target="_blank">


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント