12月6日:モンゴル帝国バトゥの征西によりキエフ大公国滅亡

1240年12月6日 - バトゥ率いるモンゴル軍によりキエフが陥落し、キエフ大公国が滅亡。9世紀後半に誕生したキエフ大公国(キエフたいこうこく)は、キエフを首都とした東欧の国家で、正式な国号はルーシ(古東スラヴ語: Русь)で、日本語名はその大公座の置かれたキエフに由来する。現在のウクライナ、ベラルーシ、ロシアの三国の共通の祖国とされる。10世紀までにキリスト教の受容によってキリスト教文化圏の一国となり、11世紀に...

12月6日:「サンタクロース」の起源となった「ミラのニコラオス」逝く

345年または352年12月6日 - ミラのニコラオス(270年頃 - 345年または352年12月6日)没。享年80歳前後。キリスト教の主教(司教)、神学者である。小アジアのローマ帝国リュキア属州のパタラの町に生まれ、リュキアのミラで大主教をつとめた。<ミラの位置>その生涯は早くから伝説化され、ニコラオス伝は好んでイコンに書かれる。東方教会および南イタリアで重視されたが、のちには西方教会全域にもその崇敬が広まった。司祭であ...

12月5日:ネルソン・マンデラ逝く

2013年12月5日 - ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ(コサ語: Nelson Rolihlahla Mandela、1918年7月18日 - 2013年12月5日)没。享年95歳。南アフリカ共和国の政治家、弁護士である。若くして反アパルトヘイト運動に身を投じ、1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受ける。27年間に及ぶ獄中生活の後、1990年に釈放される。翌1991年にアフリカ民族会議(ANC)の議長に就任。デクラークと共にアパルトヘイト撤廃に尽力し、1993年にノ...

12月5日:金属製航空機のパイオニア 航空技術者ドルニエ 逝く

1969年12月5日 - クラウディウス・ドルニエ(Claude (Claudius) Honoré Desiré Dornier 、1884年5月14日 - 1969年12月5日)没。享年85歳。ドイツの航空技術者。1914年にフリードリヒスハーフェンにおいて航空機制作会社ドルニエを設立。1920年代から1930年代にかけて、特に全金属製の巨大飛行艇(Do J ワール(1924年)や、Do X(1929年)など)の製作によって高名であったが、1930年代にはドルニエ コメットやドルニエ メルクール...

12月5日:日本軍、203高地占領

1904年12月5日 - 日露戦争・旅順攻囲戦: 日本軍が203高地を占領。...

12月4日:北里柴三郎、血清療法を発表!

1890年12月4日 - 北里柴三郎らがジフテリアと破傷風の血清療法を発表。菌体を少量ずつ動物に注射しながら血清中に抗体を生み出す血清療法を開発した。同僚であったベーリングと連名で「動物におけるジフテリア免疫と破傷風免疫の成立について」という論文を発表した。第1回ノーベル生理学・医学賞の候補に柴三郎の名前が挙がったが、結果は抗毒素という研究内容を主導していた柴三郎でなく、共同研究者のベーリングのみが受賞した...

12月4日:カール1世(後のカール大帝)がフランク王国の単独統治を始める

771年12月4日 - フランク王カールマンが死亡。共同統治をしていたカール1世がフランク王国の単独の国王となる。768年から弟のカールマンとフランク王国の共同統治(分国統治)を行っていたが、カールマンが771年に早世したため、単独統治となり以後43年間、70歳すぎで死去するまで単独の国王として長く君臨した。カールは全方向に出兵して領土を広げ、フランク王国の最盛期を現出させた。<カール時代のフランク王国(青がカール即...

12月3日:44年間続いた東西冷戦終結する(マルタ会談)

1989年12月3日 - ジョージ・H・W・ブッシュ米国大統領とミハイル・ゴルバチョフソ連最高会議幹部会議長兼ソ連共産党書記長がマルタ島で会談し、冷戦の終結を宣言。...

12月3日:華岡青洲、世界初の全身麻酔を使った手術に成功

1805年12月3日(文化2年10月13日) - 華岡青洲が世界初の麻酔を使った手術に成功。記録に残るものとして、世界で初めて全身麻酔を用いた手術(乳癌手術)を成功させた。手術での患者の苦しみを和らげ、人の命を救いたいと考え、麻酔薬の開発を始める。研究を重ねた結果、曼陀羅華(まんだらげ)の実(チョウセンアサガオ)、草烏頭(そううず、トリカブト)を主成分とした6種類の薬草に麻酔効果があることを発見。動物実験を重ねて...

12月3日:キリスト教に対する「最後の大迫害」を行ったディオクレティアヌス帝 逝く

311年12月3日 - ディオクレティアヌス帝( Gaius Aurelius Valerius Diocletianus、 244年12月22日 - 311年12月3日)没。享年66歳。ローマ帝国の皇帝(在位:284年 - 305年)で、軍人皇帝時代を収拾し、ドミナートゥス(専制君主制)を創始し、テトラルキア(四分割統治、四分治制)を導入した。また、キリスト教に対しては「最後の大迫害」と呼ばれる弾圧を加えた。305年、ディオクレティアヌスは健康を崩したこともあって退位し...